「あらゆる政策を動員」=新型肺炎リスクに対処―G20

経済・ビジネス 政治・外交

【ワシントン時事】20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁は6日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「景気下振れリスクから守り、強固で持続的、バランスの取れた成長を達成するため、あらゆる政策を活用する」との声明を発表した。感染が世界に広がる中、世界保健機関(WHO)や国際金融機関などと密接に連携すると表明した。

G20財務相・中銀総裁は2月下旬、サウジアラビアの首都リヤドで開いた会合で、新型ウイルスが市場や経済に及ぼすリスクを懸念。感染拡大の動向を注視し、必要な政策対応を講じるとの共同声明を発表した。

その後も感染は発生源の中国から欧州、米国を含む各地に広がった。投資家のリスク回避姿勢が強まったことで株価が急落するなど、金融市場が動揺。実体経済に悪影響を及ぼしかねない事態が憂慮されている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済国際会議 マクロ経済政策 日本 米国