理事長「勇気と感動与える」=無観客場所、幕開け―大相撲春場所

スポーツ

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、無観客開催となった大相撲春場所は8日、エディオンアリーナ大阪でひっそりと初日を迎えた。

会場の外では一日の興行の開始と終了を告げる太鼓が響かず、館内も妙な静けさの中で取組が進んでいった。

恒例の協会あいさつは、十両の取組後に行われ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)が「大相撲の持つ力が日本はもちろん、世界中の方々に勇気や感動を与え、世の中に平安を呼び戻すことができるよう協会員一同、一丸となり15日間全力で努力する所存でございます」と述べた。土俵の脇には幕内の全力士が整列し、一丸となって臨む決意を示した。

協会員に感染者が出れば場所は中止される。この日は発熱などで休場した力士は出ず、結びの一番では横綱白鵬が小結遠藤を下した。

無観客開催で初日を迎え、あいさつする日本相撲協会の八角理事長(中央)=8日、エディオンアリーナ大阪無観客開催で初日を迎え、あいさつする日本相撲協会の八角理事長(中央)=8日、エディオンアリーナ大阪

無観客開催で初日を迎え、色鮮やかなのぼりなどもない大相撲春場所会場のエディオンアリーナ大阪=8日、大阪市浪速区無観客開催で初日を迎え、色鮮やかなのぼりなどもない大相撲春場所会場のエディオンアリーナ大阪=8日、大阪市浪速区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 相撲 スポーツ 日本