「歴史的緊急事態」指定表明=新型コロナ、会議の記録義務化―安倍首相

政治・外交 暮らし

参院予算委員会は9日、安倍晋三首相と関係閣僚が出席して集中審議を行った。首相は、新型コロナウイルスの感染拡大を、公文書管理ガイドラインが定める「歴史的緊急事態」に指定する考えを表明した。10日にも決定する。立憲民主党の蓮舫参院幹事長の要求に応じた。

歴史的緊急事態に指定されると、政府会議の開催日時や発言者、発言内容などの記録が義務付けられる。首相は、全国一斉休校の方針を事実上決めた関係閣僚らとの連絡会議についても議事録を作成し、公表する考えを示した。

感染拡大国からの入国制限をめぐり、首相は「イタリアも急速な感染の拡大がみられ、対象とすべきか議論を行っている」と指摘した上で「必要があれば判断したい」と述べた。

また、首相は新型インフルエンザ対策特別措置法改正で可能となる「緊急事態宣言」について、「国民の私権を制約する可能性もあるわけで、どのような影響を及ぼすか十分に考慮しながら判断したい」と述べ、実施に当たっては慎重に判断する考えを示した。自民党の武見敬三氏に答えた。

参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=9日午前、国会内参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=9日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし イタリア 日本