父に懲役18年求刑=「なぶり殺し」と非難―小4女児虐待死・千葉地裁

社会

千葉県野田市の自宅浴室で昨年1月、小学4年の栗原心愛さん=当時(10)=が死亡した事件で、傷害致死などの罪に問われた父勇一郎被告(42)の裁判員裁判の論告求刑公判が9日、千葉地裁(前田巌裁判長)であった。検察側は「拷問やなぶり殺しと言っても差し支えない壮絶な虐待の末に死亡させた」と述べ、懲役18年を求刑した。判決は19日の予定。

勇一郎被告は起訴内容の一部を否認したが、検察側は論告で、弁解は同被告が撮影した動画や心愛さんの母親の証言などと整合せず、信用性に乏しいと指摘。「心愛さんの二度にわたるSOSを無視し、自分の過ちを省みる機会がありながら、自分のメンツを優先させた」と非難した。

暴行は暴れた心愛さんを落ち着かせるためだったとする被告の主張には、「心愛さんに責任を押し付けており、今なお心愛さんへの虐待は続いている」と述べた。

弁護側は最終弁論で、「結果的に心愛さんを死亡させたことは認めている」とした上で、「しつけが行き過ぎてしまった結果だ。日常的な虐待をし続けていたわけではない」と主張した。

勇一郎被告は最終意見陳述で、「みーちゃん、本当につらい思いをさせてごめんなさい。自分のことが許せません」と謝罪した。一方で、心愛さんの母親に対する暴力を否定し、「私が支配的立場にあり、それに家族が逆らうことができなかったことはありません」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 千葉県