パナソニック、ロボ掃除機の発売延期=中国製部品に供給遅れ

経済・ビジネス

パナソニックは9日、ロボット掃除機の発売日を3月下旬から4月20日に変更すると発表した。新型コロナウイルスのまん延により、中国の取引先からの部品供給が遅れているため。

新型肺炎の世界的な拡大がメーカーのサプライチェーン(部品供給網)を通じ、消費者の生活に影響を広げている格好だ。

発売を延期するのは、自動で移動しながら室内を掃除する「RULO(ルーロ)MC―RSF1000」。部品の一部を中国から輸入し、日本の工場で組み立てている。

パナソニックの「ロボット掃除機RULO(ルーロ)MC―RSF1000」パナソニックの「ロボット掃除機RULO(ルーロ)MC―RSF1000」

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 中国 日本