違法DLの規制強化へ=著作権法改正案を閣議決定

政治・外交 文化

政府は10日、インターネット上に無断で公開された漫画などのダウンロード(DL)の規制を強化する著作権法改正案を閣議決定した。規制範囲を現在の音楽や映像に加えて著作物全般に拡大。正規版が有償で提供されている著作物を反復・継続してDLする悪質行為には刑事罰を科す。

同法改正案では著作物全般を規制対象とするが、国民の情報収集活動を萎縮させないよう要件を絞り込んだ。数十ページある漫画の1~数コマの「軽微なもの」のDLや、原作のパロディーといった二次創作作品のDLは違法とならない。「著作権者の利益を不当に害さないと認められる特別な事情がある場合」も規制対象から除外した。

このほか法案には、ネット利用者を海賊版サイトに誘導する「リーチサイト」の規制なども含めた。施行期日は、DL違法化が2021年1月、リーチサイト規制などは今年10月と定めた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化政策 文化 日本