輸出管理めぐり日韓対話=局長級、3カ月ぶり開催

政治・外交

日韓両政府は10日、輸出管理に関する局長級の政策対話を開催した。日本が昨年発動した厳格化措置の緩和に向け、韓国は輸出管理の改善状況を説明。当初はソウルで行う予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で、日本が入国者に対する水際対策を強化したため、テレビ会議方式で実施した。

対話は昨年12月以来、3カ月ぶり。東京都内の韓国大使館とソウルを結び、日韓双方の幹部が参加した。

日本政府は昨年7月以降、韓国に輸出した品目が軍事転用されている懸念が拭えないとして、半導体材料などの輸出管理を厳格化。韓国は政策対話で、人員の増加や法整備といった体制強化を進めていると説明し、措置の解除を求める構えだ。

梶山弘志経済産業相は10日の閣議後の記者会見で、「両国の輸出管理制度や運用のさらなる改善状況などの確認や意見交換をする」と述べた。

輸出管理に関する日韓両政府局長級の政策対話。テレビ会議方式で実施された=10日午前、東京都港区の韓国大使館(代表撮影)輸出管理に関する日韓両政府局長級の政策対話。テレビ会議方式で実施された=10日午前、東京都港区の韓国大使館(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 通商政策 日本 韓国