中村・緒方氏の功績紹介=19年版開発協力白書

政治・外交

茂木敏充外相は10日の閣議に、2019年版の開発協力白書を報告した。白書は、アフガニスタン復興支援のため活動中だった同年12月に銃撃され死亡した医師中村哲さんの追悼コラムを掲載。難民支援に尽力し、やはり昨年死去した緒方貞子さんにも言及し、功績をたたえている。

NGO「ペシャワール会」の現地代表を務めていた中村さんは、医療活動に加え、井戸掘りや用水路工事にも従事。白書では、「日本とアフガニスタンの友好親善に多大な貢献をされた」と紹介した。女性初の国連難民高等弁務官を務め、国際協力機構(JICA)理事長などを歴任した緒方さんについては、「卓説したリーダーシップを発揮」したと振り返った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 援助 外交 アフガニスタン 日本