イベント自粛、10日程度延長を=イタリア北部も入国拒否―新型肺炎で安倍首相

政治・外交 暮らし

安倍晋三首相は10日の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、政府が要請している大規模イベントの自粛について「今後おおむね10日間程度」はこれまでの取り組みを継続するよう求める方針を表明した。10日程度経過後の対応は、政府の専門家会議の議論を踏まえて判断する。

首相は「専門家会議で19日ごろをめどにこれまでの対策の効果について判断が示される予定だ」と説明。「引き続き、急速な感染拡大を回避するために極めて重要な時期だ」と述べ、継続の必要性を訴えた。

一方、首相は入国拒否の措置に関し、感染が拡大しているイタリア北部のロンバルディア州など5州、イランのイスファハン州など8州、サンマリノ全域を11日午前0時から対象に加える意向を示した。これまでの対象は中国、韓国、イラン各国の特定地域に過去2週間以内に滞在した人で、欧州は初めて。首相は「機動的な水際対策を講じる」と強調した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 外交 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし イラン イタリア 日本