犠牲者に追悼の祈り=教訓の継承課題―新型コロナ影響も・東日本大震災9年

社会 暮らし

東日本大震災は11日、発生から9年を迎え、各地で犠牲者への追悼の祈りがささげられた。歳月とともに復興は進むが、街並みが大きく変貌し、被災当時の状況が忘れ去られることへの懸念の声も上がる。風化防止のため、記憶と教訓の継承が大きな課題となる。

岩手県釜石市鵜住居町の「釜石祈りのパーク」には大勢の人が献花に訪れ、午後2時46分の地震発生時刻に、サイレンの音とともに黙とうした。津波で母親を亡くした大学生の和田早希さん(19)は「9年は長いようでもあっという間のようでもある。母がどこかで見守ってくれていたらと思う」と話した。

パークは、多くの人が犠牲になった防災センターが解体、整地されて造られ、慰霊碑には市内の犠牲者のうち1001人の氏名が並ぶ。

児童74人と教職員10人が津波の犠牲となった宮城県石巻市立大川小学校にも、遺族らが集まり、手を合わせた。5年生だった次女千聖さんを失った紫桃隆洋さん(55)は、周辺の整備が進むことに不安を感じているといい、「訪れた方が防災や命の大切さを考えられるよう、伝え続けていきたい」と話した。

東日本大震災の慰霊追悼施設「釜石祈りのパーク」で、地震発生時刻の午後2時46分に黙とうする人たち=11日、岩手県釜石市東日本大震災の慰霊追悼施設「釜石祈りのパーク」で、地震発生時刻の午後2時46分に黙とうする人たち=11日、岩手県釜石市

地震の発生時刻に大川小学校の前で黙とうする人たち=11日午後、宮城県石巻市地震の発生時刻に大川小学校の前で黙とうする人たち=11日午後、宮城県石巻市

津波で亡くなった娘の発見場所で手を合わせる鈴木典行さん=11日午後、宮城県石巻市津波で亡くなった娘の発見場所で手を合わせる鈴木典行さん=11日午後、宮城県石巻市

東日本大震災の慰霊法要で犠牲者をしのぶ遺族ら=11日午後、福島県いわき市東日本大震災の慰霊法要で犠牲者をしのぶ遺族ら=11日午後、福島県いわき市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 暮らし 社会 日本 東北 岩手県 宮城県 仙台市