長女監禁死、両親懲役13年=「尊厳否定、非人道的」―大阪地裁

社会

大阪府寝屋川市で、統合失調症だった柿元愛里さん=当時(33)=を10年以上プレハブ小屋に監禁し凍死させたとして、保護責任者遺棄致死罪などに問われた父泰孝(57)、母由加里(55)両被告の裁判員裁判の判決が12日、大阪地裁であった。野口卓志裁判長は「人として最低限の尊厳を否定する非人道的行為」と述べ、いずれも求刑通り懲役13年を言い渡した。

判決によると、両被告は2007年3月ごろから、長女の愛里さんを自宅敷地内のプレハブ小屋に監禁して全裸で生活させるなどし、17年12月18日ごろ低栄養などが原因で凍死させた。

弁護側は「療養目的で監禁ではない」などと無罪を主張。しかし、野口裁判長は愛里さんの歯が抜け落ちたり、あばら骨が見えるほどやせたりしていたことから「健康の必要最小限の配慮をしていない。療養に尽力したとは到底評価できない」と退けた。

その上で、「行動の自由を奪い、社会から隔絶させ心身の健全な発達を阻害した」と指摘。「あまりにも無責任」と指弾した。

監禁されていたとみられる柿元愛里さんが遺体で発見された民家。高さ約2メートルの塀に囲まれている=2017年12月28日、大阪府寝屋川市監禁されていたとみられる柿元愛里さんが遺体で発見された民家。高さ約2メートルの塀に囲まれている=2017年12月28日、大阪府寝屋川市

柿元愛里さんが死亡した民家に設置されていた監視カメラ=2017年12月28日、大阪府寝屋川市柿元愛里さんが死亡した民家に設置されていた監視カメラ=2017年12月28日、大阪府寝屋川市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 大阪府