福井・福邦銀、統合選択肢に包括提携=効率化で収益てこ入れ

経済・ビジネス

福井銀行と福邦銀行(福井市)は13日、包括提携すると発表した。取引先の相互支援など業務面で連携を強化し、持ち株会社方式の経営統合も選択肢に資本提携協議を続ける。人口減少や超低金利を背景に経営環境が悪化する中、同一県内の地方銀行が一体となって業務効率化に取り組み、収益のてこ入れを図る。

両行頭取が福井市内で記者会見した。福井銀の林正博頭取は、持ち株会社方式や相互出資などを示し「密接な関係をつくる上で、資本提携も検討を進める」と語った。来年にかけて方向性を見極めたい考え。

業務面では店舗の共同拠点化や、現金自動預払機(ATM)の運用効率化、コンサルティングの強化などで連携を進める。人材難に悩む取引先企業の事業承継や海外進出を相互に支援し、人事交流も行う。

包括提携を発表した福井銀行の林正博頭取(左)と福邦銀行の渡辺健雄頭取=13日午後、福井市包括提携を発表した福井銀行の林正博頭取(左)と福邦銀行の渡辺健雄頭取=13日午後、福井市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 日本 北陸 福井県 福井市