常磐線、9年ぶり全線再開=震災と原発事故で被災―JR東日本

社会 旅と暮らし

東日本大震災で被災し、不通となっていたJR常磐線の富岡―浪江間(20.8キロ)で14日、9年ぶりに運行が再開された。東京電力福島第1原発事故の影響を受けた福島県沿岸部が鉄路で結ばれ、地元は復興の加速に期待を寄せている。

常磐線は震災に伴う津波などで、駅舎や線路、橋が流失し大きな被害を受けた。原発事故の影響で高い放射線量が確認された場所では除染を実施。一部区間は原則立ち入り禁止の「帰還困難区域」に含まれていたが、政府は4~10日に駅周辺を中心に避難指示を解除した。

9年ぶりに常磐線が全線再開し、JR富岡駅に到着する車両=14日午前、福島県富岡町9年ぶりに常磐線が全線再開し、JR富岡駅に到着する車両=14日午前、福島県富岡町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安全・危機管理 東北 運輸・交通 福島県 社会 日本