金品提供、見返りに工事発注=75人が3.6億円受領―関電新社長に森本氏昇格

経済・ビジネス

関西電力幹部による金品受領問題を調査してきた第三者委員会(委員長・但木敬一元検事総長)は14日、福井県高浜町の森山栄治元助役(故人)から、幹部ら75人が総額約3億6000万円相当の金品を受領したとする最終報告書を関電に提出した。報告書は金品提供の目的について、森山氏が自分に近い企業に工事を発注させて利益を得る「見返り」の意図があったと指摘した。

記者会見した但木委員長は、関電が森山氏との関係を断ち切れなかったことに関し、「ユーザー目線が全くなく、ガバナンス(企業統治)も機能不全。コンプライアンス(法令順守)の位置付けも非常に低い」と批判。社外からの会長登用などで企業体質の改善を求める再発防止策を提言した。

報告書を受け、関電は岩根茂樹社長の後任に森本孝副社長が昇格する人事を発表。同日夜に会見した森本新社長は「今回生まれ変わらなければあすの関西電力はないという不退転の決意で、改革にまい進する」と語った。

記者会見する関西電力第三者委員会の但木敬一委員長=14日午後、大阪市福島区記者会見する関西電力第三者委員会の但木敬一委員長=14日午後、大阪市福島区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 経営一般 日本 北陸 福井県 大阪府 大阪市