東京で桜開花、最速記録=全国一番乗り―気象庁

社会 旅と暮らし

気象庁は14日午後、東京都千代田区の靖国神社にある桜(ソメイヨシノ)の標本木が開花したと発表した。今春、全国で最も早かった。東京では2002年と13年の2回、16日に開花したのが1953年の統計開始以来最も早い記録だったが、更新した。1週間から10日程度で満開になる見込み。

東京の開花は平年より12日、昨年より7日早かった。都心(千代田区)では冬の平均気温が8.0度と観測史上3位の高さだった上、3月も暖かい日が多かった。ただ、14日午後は冷え込み、関東沖の低気圧の影響で雪が降った。

民間気象会社によると、今春の開花は全国的に早いと予想される。

新型コロナウイルス感染防止のため、都は都立公園や河川敷で花見をする際は宴会を控えるよう要請している。

1953年の統計開始以来最も早く開花した靖国神社にある桜(ソメイヨシノ)の標本木=14日午後、東京都千代田区1953年の統計開始以来最も早く開花した靖国神社にある桜(ソメイヨシノ)の標本木=14日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境・生物・自然 気象 東京都 社会 日本