伊勢丹がバンコクから撤退=28年の歴史に幕

経済・ビジネス

【バンコク時事】タイ・バンコク中心部のショッピングセンター、セントラルワールド内に出店している伊勢丹バンコク店が今年8月末に撤退することが明らかになった。16日に正式発表する。

伊勢丹は1992年にタイに進出し、28年間営業を続けてきた。しかし、伊勢丹にフロアを賃貸しているタイ小売り大手セントラル百貨店グループ傘下の不動産会社との賃貸契約が今年8月31日に期限を迎えるに当たり、契約を更新しないことを決めたもようだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 支社・支店 国際業務 経営一般 日本 タイ