新型コロナ治療薬の早期開発で連携=五輪「完全な形で実現」―G7首脳がテレビ会議

政治・外交

先進7カ国(G7)首脳は16日、緊急のテレビ会議を行い、世界中に感染が拡大する新型コロナウイルスへの対応を協議した。流行を抑え込むため、G7が連携して治療薬の開発を加速させる方針で一致。世界経済への影響を最小限に抑えるため、必要かつ十分な経済財政政策を実行していくことも確認した。

テレビ電話によるG7首脳会議は初めて。G7は、協力の具体的な内容を盛り込んだ首脳声明を出す。

安倍晋三首相は会議後、夏の東京五輪・パラリンピックについて「人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証しとして、完全な形で実現することについてG7の支持を得た」と記者団に説明。「新型コロナウイルスは手ごわい相手だが、G7で一致結束し、戦っていけば必ず打ち勝つことができる。そういう認識で一致できた」と強調した。日本政府によると、各首脳から五輪開催時期についての具体的な言及はなかった。

首相は会議で「世界の英知を結集し、治療薬の開発を一気に加速すべきだ」と表明。世界経済への悪影響が懸念されていることを踏まえ、「G7としてあらゆる手を尽くしていくという力強いメッセージを発出すべきだ」と主張した。

G7首脳とのテレビ会議を終え、取材に応じる安倍晋三首相=17日未明、首相官邸G7首脳とのテレビ会議を終え、取材に応じる安倍晋三首相=17日未明、首相官邸

G7首脳とのテレビ会議を行う安倍晋三首相=16日夜、首相官邸(内閣広報室提供)G7首脳とのテレビ会議を行う安倍晋三首相=16日夜、首相官邸(内閣広報室提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 外交 マクロ経済政策 日本