G7、危機回避へ政策総動員=新型コロナ収束へ協調―首相、東京五輪「完全な形で」

政治・外交

先進7カ国(G7)首脳は16日、新型コロナウイルスへの対応を協議するため、緊急のテレビ会議を約50分間行った。会議後に発表した首脳声明では、世界経済への影響を最小限に抑えるために「金融、財政政策を含め、あらゆる手段を動員する」と表明。感染拡大の早期収束に向け、適切な国境管理などで国際協調を呼び掛けた。

安倍晋三首相は会議で、夏に開催予定の東京五輪・パラリンピックについて「準備を全力で進めており、人類がウイルスに打ち勝った証しとして、完全な形での開催を目指したい」と表明。各首脳から支持を得たという。

首相の発言は、無観客や規模縮小などの形での五輪実施は想定していないことを示唆したとみられる。一方、首相は会議後、記者団から開催時期について問われたが、明言を避けた。日本政府によると、各首脳からも開催時期について具体的な言及はなかった。

首脳声明は、新型コロナウイルスの感染拡大について「人道的な悲劇や世界的な衛生上の危機であり、世界経済にも大きなリスクを与える」との認識を共有。治療法の確立やワクチンの開発を急ぐことを確認したほか、20カ国・地域(G20)に連携を求める方針も示した。

G7首脳との緊急テレビ会議を終え、取材に応じる安倍晋三首相=17日未明、首相官邸G7首脳との緊急テレビ会議を終え、取材に応じる安倍晋三首相=17日未明、首相官邸

G7首脳との緊急テレビ会議を行う安倍晋三首相=16日夜、首相官邸(内閣広報室提供)G7首脳との緊急テレビ会議を行う安倍晋三首相=16日夜、首相官邸(内閣広報室提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 外交 日本