日本サッカー協会の田嶋会長が新型コロナ感染=欧州、米国出張から帰国後

スポーツ

日本サッカー協会は17日、田嶋幸三会長(62)が新型コロナウイルスの検査を受けて、陽性と診断されたと発表した。田嶋氏は協会を通じ、「私と接触した方にしっかりと伝えなければならない。お世話になっている(サッカー協会がある東京都)文京区の方々に迷惑を掛けてはならないと思い、お伝えすることとした」と述べた。現在、微熱はあるものの、大事に至ってないという。

田嶋会長は2月下旬から欧州と米国に出張。欧州サッカー連盟の会合出席や、米国では日本女子代表(なでしこジャパン)の試合を視察し、今月8日に帰国した。14日に体調の異変を感じ、15日に微熱があったため、16日に保健所に相談。17日午後に検査結果が出た。

感染経路は分かっていないが、3日にアムステルダムで行われた欧州連盟総会同席者から感染者が出ている。欧州、米国では当時、まだ新型コロナウイルスへの危機意識が低く、握手やハグなど身体の接触機会も多かったという。

17日には、サッカー協会事務局が入るJFAハウスで予定されたJリーグ理事会後の記者会見が急きょ中止。田嶋氏は帰国後、協会理事会などに参加し、取材対応も行っていたことから、周囲との濃厚接触の可能性も懸念される。発症した14日以降、男子の森保一、女子の高倉麻子両代表監督とは会っていない。協会によると、現時点で症状がある職員はおらず、経過観察など安全管理に引き続き努める。

田嶋氏は国際サッカー連盟(FIFA)理事で、国内でも日本オリンピック委員会(JOC)副会長や東京五輪組織委員会理事などスポーツ界の要職を務めている。

田嶋幸三 日本サッカー協会会長田嶋幸三 日本サッカー協会会長

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース サッカー日本代表 スポーツ 日本