静岡4区補選、主要野党の共闘成立=与党候補と一騎打ち

政治・外交

立憲民主党など主要野党は17日、衆院静岡4区補欠選挙(4月26日投開票)の候補者を無所属新人の田中健氏(42)に一本化すると発表した。これにより、同補選は事実上の与野党一騎打ちの構図となる見通しだ。

立憲、国民民主、共産、社民4党の幹事長・書記局長らは17日、共同記者会見を行い、田中氏支援を表明。立憲の福山哲郎幹事長は「安倍政権の政治姿勢が問われる。田中候補を選んでもらえるよう戦いたい」と述べた。田中氏に対しては、国民が既に推薦を決定。立憲なども近く推薦する。

4野党は田中氏と14項目の政策確認文書にも署名。中部電力浜岡原発に関しては「地元合意などのないままの浜岡原発再稼働は認めず、原発ゼロ実現を目指す」と明記され、これを受けて浜岡廃炉を主張する共産元職の島津幸広氏(63)は出馬を取り下げた。

昨年の参院選では静岡選挙区で立憲、国民両党が競合し、しこりが残った経緯があるが、当時立憲に対抗馬を立てられた国民の榛葉賀津也参院幹事長は会見で「一本化の意味は大きい」と歓迎。次期衆院選での野党共闘にも弾みとなりそうだ。

一方、与党側は自民党が擁立した新人深沢陽一氏(43)を公明党が推薦。自民の二階俊博幹事長は会見で「大変注目される選挙だ。一大決戦に挑む気持ちで絶対に勝利を収めたい」と語った。

補選にはNHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)も立候補を検討している。

政策確認文書に署名し、衆院静岡4区補欠選挙候補者の田中健氏(左から3人目)と撮影に応じる立憲民主党の福山哲郎幹事長(同4人目)と主要野党の幹事長・書記局長ら=17日午後、東京・永田町の参院議員会館政策確認文書に署名し、衆院静岡4区補欠選挙候補者の田中健氏(左から3人目)と撮影に応じる立憲民主党の福山哲郎幹事長(同4人目)と主要野党の幹事長・書記局長ら=17日午後、東京・永田町の参院議員会館

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 政党 日本 東海 静岡県