延期、中止の言及なし=IOC「抜本的決断は不要」―東京五輪

スポーツ

【ロンドン時事】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は17日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて延期や中止の懸念が高まっている東京五輪について、各国際競技団体(IF)との臨時電話会議を開き、予定通りの開催を目指す方針を改めて示した。出席者によると、2時間近い会議の中で大会の延期や中止の可能性に関する言及は、IF側を含めてなかった。

IOCは公式サイトで「開幕4カ月以上前の段階で抜本的決断を下す必要はない。あらゆる臆測は非生産的だ」と表明。7月24日の開幕予定を現時点で覆す決定は、時期尚早だとの立場を示した。

東京五輪の広告の前を歩くマスク姿の人たち=17日、東京都新宿区東京五輪の広告の前を歩くマスク姿の人たち=17日、東京都新宿区

新型コロナウイルスの感染拡大で、国立競技場の周辺もマスク姿の人たちが目立つ=17日、東京都新宿区新型コロナウイルスの感染拡大で、国立競技場の周辺もマスク姿の人たちが目立つ=17日、東京都新宿区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本