19年末の個人金融資産、1903兆円=過去最高も、足元はコロナ懸念

経済・ビジネス

日銀が18日発表した資金循環統計によると、2019年末時点の個人(家計部門)の金融資産残高は前年末比3.3%増の1903兆円となり、2年ぶりに過去最高を更新した。19年末の日経平均株価の終値は2万3656円。米国株高を背景に上昇基調をたどり、保有株の評価額が膨らんだ。ただ、足元では新型コロナウイルスの感染拡大への懸念から日経平均は3割近く下落しており、個人金融資産は減少しているとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 景気動向・マクロ経済 統計 日本 米国