ETF含み損、2兆~3兆円=コロナ懸念で株価下落―日銀

経済・ビジネス 政治・外交

黒田東彦日銀総裁は18日の参院財政金融委員会で、日銀が保有する上場投資信託(ETF)の含み損について「現時点の日経平均株価を基に試算すると2兆から3兆円になる」と述べた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で世界的に株価が急落し、日銀の財務悪化を招いている。

日銀は16日に決めた追加金融緩和で、ETFの買い入れ額を年間12兆円と従来に比べ倍増。17日には1日当たりの買い入れ額も過去最大の1200億円に増額した。

黒田総裁はETFの買い入れ拡大について「金融緩和の一環として一定の効果を持っている」と強調した。ただ、日銀はETFに含み損が生じれば引当金を計上する必要があり、国庫納付金の減少を通じ国民負担につながる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 金融・証券 金融政策 日本