心愛さん虐待死、父に懲役16年=「凄惨で陰湿」―六つの罪全て認定・千葉地裁

社会

千葉県野田市で昨年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=を虐待して死亡させたとして、傷害致死など六つの罪に問われた父勇一郎被告(42)の裁判員裁判の判決が19日、千葉地裁であった。前田巌裁判長は、起訴された六つの罪を全て認定した上で、「尋常では考えられないほどに凄惨(せいさん)で陰湿な虐待だった」と述べ、懲役16年(求刑懲役18年)を言い渡した。

検察側は、被告が身体的暴力だけでなく、食事や睡眠、トイレなどの生理現象も制限するなどし、「長期にわたり陰湿かつ残酷な虐待を繰り返した」と指摘。一方、弁護側は日常的な虐待を否定し、「しつけが行き過ぎてしまった結果だ」と反論していた。

前田裁判長は、長期間にわたる日常的な虐待を認め、「理不尽極まりない虐待を受け続け、絶命した」と指摘。心愛さんが理由もなく暴れたり自ら進んで立ったりしたという被告の供述については、不整合で信用できないとし、「自己の責任を心愛さんに転嫁しており、反省が見られない」と非難した。

心愛さんは2017年11月、学校のアンケートに「お父さんにぼう力を受けています」と記入し、県柏児童相談所に一時保護されていた。前田裁判長は、生前の心愛さんの供述が十分信用できると認定。「児童を守る社会的なシステムがどうして機能しなかったのか」としながらも、児相や親族に対する被告の対応について「他者からの助けを排除し、徹底的な支配により、肉体的にも精神的にも追い詰め、死亡させた」と述べた。

判決によると、勇一郎被告は19年1月22~24日、心愛さんを自宅の浴室に立たせ続けた上、顔に冷水シャワーを浴びせ続けるなどの暴行を加えて衰弱させ、飢えやストレスによるショック、致死性不整脈、溺水のいずれかで24日夜に死亡させた。

17年11月~19年1月には、心愛さんを床に打ち付けて胸の骨を折るなどのけがをさせ、心愛さんの母親(33)=傷害ほう助罪で有罪確定=にも暴行を加えた。

栗原勇一郎被告の判決公判の傍聴券を求めて千葉地裁前に並ぶ人たち=19日午前、千葉市栗原勇一郎被告の判決公判の傍聴券を求めて千葉地裁前に並ぶ人たち=19日午前、千葉市

栗原勇一郎被告の判決が始まる前の法廷=19日午前、千葉市(代表撮影)栗原勇一郎被告の判決が始まる前の法廷=19日午前、千葉市(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 千葉県