浅川幸子さん死去=地下鉄サリンで脳障害―闘病25年、寝たきり

社会

オウム真理教による地下鉄サリン事件の被害に遭い、寝たきり状態で闘病を続けていた浅川幸子さんが10日午前9時34分、サリン中毒による低酸素脳症で死去した。56歳だった。兄の一雄さん(60)が19日に明らかにした。

事件は20日で発生から25年。一雄さんは「妹にとって本当につらい時間だったと思う。頑張ったね、お疲れさまと伝えたい」と話した。

1995年3月、元教団代表松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚=執行時(63)=の指示の下、元幹部5人が営団地下鉄(現・東京メトロ)日比谷、丸ノ内、千代田各線を走行中の電車内で猛毒サリンを散布。13人が死亡し、6000人超が重軽傷を負った。

当時31歳だった幸子さんは、勤務先の会議に向かう途中、元幹部広瀬健一元死刑囚=同(54)=が散布した丸ノ内線で事件に巻き込まれた。車内で心肺停止の状態で見つかり、蘇生したものの、重い脳障害で会話や食事も困難に。一雄さんら家族が自宅で介護を続け、2017年から東京近郊の病院に入院した。会見に同席した弁護士によると、幸子さんは14人目の犠牲者。

浅川幸子さん死去について記者会見する兄の一雄さん。時折言葉を詰まらせた=19日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ浅川幸子さん死去について記者会見する兄の一雄さん。時折言葉を詰まらせた=19日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

亡くなった浅川幸子さん。病状が悪化し、2017年10月から入院していた=19年1月(遺族提供)亡くなった浅川幸子さん。病状が悪化し、2017年10月から入院していた=19年1月(遺族提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 訃報 日本