地下鉄サリンから25年=霞ケ関駅で遺族ら追悼―「姿なくともずっと一緒」

社会

多数の死傷者を出したオウム真理教による1995年の地下鉄サリン事件は、20日で発生から25年を迎えた。現場の一つとなった東京都千代田区の東京メトロ(旧営団地下鉄)霞ケ関駅で、遺族の高橋シズヱさん(73)らが犠牲者を追悼した。

事件は通勤時間帯に発生。教団幹部らが日比谷線、丸ノ内線、千代田線の車内で猛毒サリンを散布した。霞ケ関駅では、サリンの袋の除去に当たった助役で、シズヱさんの夫一正さん=当時(50)=、代々木電車区助役の菱沼恒夫さん=同(51)=が命を落とした。

発生時刻に近い午前8時ごろ駅員23人が黙とうし、駅務管区長の小川喜治さん(56)が献花。午前10時ごろ訪れたシズヱさんは、「25年間はそれまでの生活とは全く違った。事件から離れたいと思ったこともあった」と振り返り、「姿かたちはなくともずっと主人と一緒に行動してきた」と述べ、涙を浮かべた。

事件では、丸ノ内線の車内で被害に遭い、重い後遺症で寝たきりとなっていた浅川幸子さん(56)が今月10日に死去し、死者は14人となった。ほかに6000人余りが重軽傷を負った。

教団が起こした一連の事件で2018年7月、元代表の松本智津夫元死刑囚=執行時(63)=ら13人の死刑が執行された。

地下鉄サリン事件の現場の一つとなった東京メトロ霞ケ関駅で、献花台に花を供え手を合わせる遺族の高橋シズヱさん=20日午前、霞ケ関駅(代表撮影)地下鉄サリン事件の現場の一つとなった東京メトロ霞ケ関駅で、献花台に花を供え手を合わせる遺族の高橋シズヱさん=20日午前、霞ケ関駅(代表撮影)

オウム真理教による地下鉄サリン事件から25年を迎え、現場となった東京メトロ霞ケ関駅で黙とうする駅員ら=20日午前、東京都千代田区オウム真理教による地下鉄サリン事件から25年を迎え、現場となった東京メトロ霞ケ関駅で黙とうする駅員ら=20日午前、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本 東京都