五輪開催、日本の判断尊重=施設整備で「素晴らしい仕事」―米大統領

スポーツ

【ワシントン時事】トランプ米大統領は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた東京五輪開催の可否について「安倍晋三首相にとって大きな決断になる。彼がどんな決定を下すか分からないが、われわれはそれに従う」と述べ、日本政府の判断を尊重する考えを示した。ホワイトハウスで開いた記者会見で語った。

トランプ氏は、先進7カ国(G7)首脳による先のテレビ会議で五輪開催も議題に上ったと指摘。「どうするか決めていないと(安倍氏は)話している」と説明した。

また、過去の五輪の施設整備で「当初予定の5倍のコストがかかったり(完成が)間に合わなかったり、悲惨なことが数多くあったが、日本は正反対だ」と強調。「厳しい状況だが、彼らは本当に素晴らしい仕事をしている」と述べ、日本側の取り組みを高く評価した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本 米国