五輪聖火、日本に到着=ブルーインパルスが5色飛行

スポーツ

2020年東京五輪の聖火が20日午前9時半すぎ、特別輸送機でギリシャのアテネから宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地に到着した。

到着式では、ともに五輪3連覇を果たした柔道男子の野村忠宏さん、レスリング女子の吉田沙保里さんが特別輸送機のタラップで聖火が格納されたランタンを受け取り、大会組織委員会の森喜朗会長に手渡した。その後、野村さんと吉田さんが2人でトーチを掲げて聖火皿に点火した。

上空に雲がかかり、強い風が吹く中、松島基地所属の曲技飛行チーム、ブルーインパルスが展示飛行を行った。5色の煙による五輪マークは風に流されたが、その後に各機が平行に飛行して5色の直線を大空に描いた。

聖火の到着式で、聖火皿に点火した柔道男子の野村忠宏さん(右から2人目)とレスリング女子の吉田沙保里さん(同3人目)。上空ではブルーインパルスが展示飛行を行った=20日午前、宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地聖火の到着式で、聖火皿に点火した柔道男子の野村忠宏さん(右から2人目)とレスリング女子の吉田沙保里さん(同3人目)。上空ではブルーインパルスが展示飛行を行った=20日午前、宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地

到着した聖火がともされたトーチを持つ、柔道男子の野村忠宏さん(右)とレスリング女子の吉田沙保里さん=20日午前、宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地到着した聖火がともされたトーチを持つ、柔道男子の野村忠宏さん(右)とレスリング女子の吉田沙保里さん=20日午前、宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 柔道 レスリング ギリシャ 日本 東北 宮城県