日中韓、コロナ対応連携=「早期に保健相会談」―外相一致

政治・外交

茂木敏充外相は20日午前、中国の王毅、韓国の康京和両外相とテレビ会談を行い、新型コロナウイルスの感染拡大抑止に向け、3カ国の連携の重要性を確認した。3カ国の保健担当相によるテレビ会談の早期開催が必要との認識でも一致した。

会談は約70分間。茂木氏は(1)3カ国間の情報共有メカニズムの一層の活用(2)医薬品、ワクチン開発情報の共有(3)医療物資の緊急融通で協力(4)国際的な公衆衛生対策で協力―の4点を提起。実務レベルで内容を詰めていくことを申し合わせた。

日中韓外相テレビ会談に臨む茂木敏充外相=20日午前、外務省日中韓外相テレビ会談に臨む茂木敏充外相=20日午前、外務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 中国 イタリア 日本 韓国