米全土を不要不急の渡航中止に=外務省、感染症危険情報引き上げ

政治・外交

外務省は22日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、米国全土の感染症危険情報をレベル2の「不要不急の渡航中止」に引き上げた。同省は渡航者や在留邦人らに対して「感染のさらなる拡大や行動制限措置強化の可能性も念頭に、最新情報の収集と感染予防に万全」を期すよう呼び掛けた。

外務省によると、米国内での感染例は21日時点で1万5219人(うち死亡は201人)と拡大。トランプ大統領が13日に国家非常事態宣言を発出している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 米国