米から入国、2週間待機=新型コロナで要請へ―政府

政治・外交 社会 暮らし

安倍晋三首相は23日午前の参院予算委員会で、米国で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを踏まえ、同国からの全ての入国者と帰国者に対し、指定場所での2週間の待機と国内公共交通機関の利用自粛を要請する方針を表明した。この後、新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で決定した。26日午前0時から4月末まで実施する。

首相は会合で「世界的なさらなる感染拡大を防止するため、米国を含む各国の努力と足並みをそろえる。引き続き諸外国における感染状況を注視し、機動的な水際対策をちゅうちょなく講じていく」と述べた。

政府は既に中国、韓国、欧州のほぼ全域、イラン、エジプトに対して同様の措置を取っている。

新型コロナウイルスへの対応で、米国を対象に入国を制限するのは初めて。外務省は22日に発表した感染症危険情報で、米国全土を「不要不急の渡航中止」を呼び掛けるレベル2に引き上げた。

新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(中央)=23日午後、国会内新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(中央)=23日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本 米国