専門家チーム「早期開催難しい」=プロ野球とJリーグ、合同対策会議―新型コロナ

スポーツ

日本野球機構(NPB)とサッカーJリーグが合同で設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第4回会合が23日、東京都内で開かれ、感染症の専門家チーム(座長=賀来満夫・東北医科薬科大特任教授)から、観客を入れた試合の開催について「早期開催は難しい。できる限り遅らせていただきたい」と進言を受けた。

会合後の記者会見でプロ野球の斉藤惇コミッショナーは「今の状況が変わらなければ、(開幕は)4月後半かな、という感じを受けた」と語り、Jリーグの村井満チェアマンは「4月3日の再開が難しいなら、それ以降の2週間単位でシミュレーションをしている」と述べた。

第4回「新型コロナウイルス対策連絡会議」を終え、記者会見に臨む日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナー(左)とサッカーJリーグの村井満チェアマン=23日午前、東京都港区第4回「新型コロナウイルス対策連絡会議」を終え、記者会見に臨む日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナー(左)とサッカーJリーグの村井満チェアマン=23日午前、東京都港区

第4回「新型コロナウイルス対策連絡会議」を終え、記者会見するサッカーJリーグの村井満チェアマン(左端)、日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナー(右端)ら=23日午前、東京都港区第4回「新型コロナウイルス対策連絡会議」を終え、記者会見するサッカーJリーグの村井満チェアマン(左端)、日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナー(右端)ら=23日午前、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース プロ野球 スポーツ 日本 東京都