麻生氏「新型コロナ影響、深く憂慮」=G20財務相・中銀総裁が緊急会議

経済・ビジネス 政治・外交

20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁が23日夜(日本時間)、緊急のテレビ会議を開いた。新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済への影響について意見交換。日本からは麻生太郎財務相と黒田東彦日銀総裁が参加した。麻生氏は終了後、財務省内で記者団に対し「新型コロナが市場と経済に与える影響を深く憂慮している」と発言したことを明らかにした。

麻生氏は「G20はタイムリーにちゅうちょなく万全な態勢を取る決意を表明すべきだ」とも語った。黒田氏は「企業金融がしっかりし、マーケットが十分機能するようになることを通じて企業と家計に安心感を与える」と、日銀の取り組みを説明した。

共同声明は出さなかった。会議では、今週のG20首脳による電話会議を控え、世界経済への対応を議論した。

G20緊急電話会議を終え、取材に応じる麻生太郎財務相(中央)と黒田東彦日銀総裁(右)=23日夜、財務省G20緊急電話会議を終え、取材に応じる麻生太郎財務相(中央)と黒田東彦日銀総裁(右)=23日夜、財務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済国際会議 金融政策 日本