2月のコンビニ売上高2.6%増=マスク特需、うるう年も寄与

経済・ビジネス

日本フランチャイズチェーン協会が23日発表した2月のコンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比2.6%増の8026億円だった。プラスは2カ月連続。新型コロナウイルスの影響でマスクやトイレットペーパーなどの需要が急増。うるう年で営業日が1日多く、即位後初の天皇誕生日(23日)といった祝日増も寄与した。

来店客数は2.3%増。2019年9月以来5カ月ぶりにプラスに転じ、直近では12年2月(2.5%増)以来の伸び率となった。商品別売上高は、マスクやトイレットペーパー、玩具などの非食品が3.6%増。学校の休校措置やテレワークによる「巣ごもり需要」が広がり、お菓子やコメ、カップ麺など保存しやすい食品も3.8%増などとなった。

来店客1人当たりの平均購入額は0.3%増にとどまった。コロナ感染拡大を防ぐため相次いだイベント中止に伴い、相対的に高額なチケット販売減を主因にサービス関係が12.2%減ったことが響いた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 統計 日本