トヨタ、4月上旬から国内5工場停止へ=新型コロナで需要減

経済・ビジネス

トヨタ自動車は23日、新型コロナウイルスによる感染拡大の影響で世界的に自動車需要が減少していることを受け、グループ会社を含め国内工場の一部稼働を4月3日から一定期間停止すると発表した。停止は計5工場の7生産ラインで、最短で同6日まで、最長で同15日までとしている。

停止するのは、高岡工場(愛知県豊田市)、堤工場(同)、田原工場(愛知県田原市)、トヨタ自動車九州宮田工場(福岡県宮若市)、日野自動車羽村工場(東京都羽村市)。休業日があるため、実際に稼働を停止するのは2~9日間となる。これらの停止で計約3万6000台の減産が見込まれる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 生産 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本