東京五輪、21年に延期=史上初、安倍首相提案にIOC合意―今夏実施は断念

政治・外交

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、今年7月に開幕する予定だった東京五輪の延期が開会式4カ月前に当たる24日、決まった。安倍晋三首相らが国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話会談を行い、五輪とパラリンピックを「1年程度延期し、遅くとも2021年夏までに開催すること。年内開催は不可能」との認識で一致した。

1896年アテネ大会から始まった近代五輪が、夏季冬季を通じて開催年を延期するのは史上初めて。感染の終息が見通せないことから、予定通りの開催は断念した。8月25日に開幕予定だったパラリンピックも初の延期となる。

五輪は世界最大のスポーツイベント。戦争以外による初の大会中止は回避されたが、疫病による日程変更という未曽有の事態となった。開催日程の全面的な変更や競技会場の確保、スポンサーの継続可否など多くの課題があり、延期開催の手続きは容易ではない。

パラリンピックは開会式翌日からの12日間で実施され、史上最多規模の選手参加が見込まれていた。競技会場の確保や代表選考のやり直しなど、五輪同様の問題を抱えた。

24日の電話会談では、大会の中止がないことを確認するとともに、安倍首相が「選手のコンディションと観客の安全確保を目的に、1年程度の延期を軸とした検討」を提案した。バッハ会長は「100%同意する」と応じたという。開催時期については未定だが、会場が使用可能かどうかを精査した上で決定。酷暑の夏を避ける可能性もあるという。

IOCのバッハ会長との電話会談を終え、記者団の取材に応じる安倍晋三首相=24日夜、首相公邸前IOCのバッハ会長との電話会談を終え、記者団の取材に応じる安倍晋三首相=24日夜、首相公邸前

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本 東京都