治療薬開発へ協力=G7財務相が緊急声明

経済・ビジネス 政治・外交 暮らし

先進7カ国(G7)の財務相と中央銀行総裁は24日夜(日本時間)、新型コロナウイルスについて緊急声明を発表した。「診断体制、治療薬やワクチンの開発などに向けた支援を強化することが喫緊の課題だ」と指摘し、今後も協力していく姿勢を確認した。

またG7は、国際通貨基金(IMF)などと連携していくことを表明。最貧国支援を目的とした多国間の取り組みに資金を提供する方針でも一致した。

財務相による電話会議後、麻生太郎財務相は記者団に対し、「感染した患者を治療し、さらなる伝播(でんぱ)を防ぐための取り組みを推進するのに必要な資金を提供する」と述べた。

声明はまた、「雇用やビジネス、金融システムの強靱(きょうじん)性を守るために必要な全てのことを行う」と強調。金融緩和などに踏み切った中銀の対応については、「さらなる行動を取る用意がある」と明記した。

先進7カ国(G7)財務相の電話会議後、記者団の取材に応じる麻生太郎財務相=24日夜、財務省先進7カ国(G7)財務相の電話会議後、記者団の取材に応じる麻生太郎財務相=24日夜、財務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済国際会議 マクロ経済政策 (経済)年金・医療・社会保障政策 暮らし 日本