山下JOC会長「1年は一番妥当」=金30個の目標は変えず

スポーツ

東京五輪の1年程度の延期が決まったことを受け、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は25日、東京都内で「予想より早く方向性が定まった。1年は一番妥当かなと思う。安全な形で五輪が開催されるよう努力していきたい」と述べた。

新型コロナウイルスの感染拡大という想定外の事態での延期。「選手の気持ちの切り替えは難しいが、これで方向性が決まった。リセットして、2021年に向けてしっかり準備していければ」と話した。金メダル30個の目標は「変えることはないと思う」とした。

今後は代表選考の方法や強化計画の見直しなど、多くの難しい課題がある。「今後、予選がどうなるのか。国際オリンピック委員会(IOC)と国際競技団体からの情報を積極的に流す。不安を解消できるよう、寄り添える組織でありたい」との考えを示した。

取材に応じる日本オリンピック委員会の山下泰裕会長=25日午前、東京都新宿区取材に応じる日本オリンピック委員会の山下泰裕会長=25日午前、東京都新宿区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本