阪神藤浪の同僚2選手も新型コロナ陽性=感染3人、チーム内外へ影響必至―プロ野球

スポーツ 社会 暮らし

新型コロナウイルスへの感染が26日に判明した阪神の藤浪晋太郎投手(25)の同僚2選手が、新型コロナ感染の有無を調べるPCR検査で陽性と判定されたことが27日、球界関係者の話で分かった。阪神の感染判明は計3人となった。プロ野球選手で新型コロナ感染が判明したのは今回の阪神の例が初めて。

阪神によると、藤浪は数日前から嗅覚の異常を訴え、医師からPCR検査を勧められていた。また、14日に藤浪と食事をした2選手も味覚障害に類似した症状を申告したため、医療機関を受診するよう促していた。3選手の陽性判明により、チーム内でさらなる感染拡大の恐れが出てきた。

感染判明により、濃厚接触者の抽出などの対応が必要となり、阪神と対戦した他球団にも影響が及ぶのは必至。4月24日を目標にしているプロ野球公式戦開幕がさらに遅れる可能性が高まった。

日本野球機構(NPB)とJリーグが合同で設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の感染症専門家チームの提言に基づき、阪神は27日にも会見を開く予定。

新型コロナ感染拡大を受け、NPBでは当初3月20日の開幕を4月10日以降に延期。今月23日の12球団代表者会議で4月24日開幕を目標に設定していた。

藤浪は大阪・大阪桐蔭高のエースとして、2012年に同校を甲子園春夏連覇に導き、ドラフト1位で13年に入団。1年目から3年連続で2桁勝利をマークした。通算成績は、128試合に登板して50勝40敗、防御率3.25。

藤浪晋太郎 プロ野球選手藤浪晋太郎 プロ野球選手

閑散とした阪神甲子園球場=27日午前、兵庫県西宮市閑散とした阪神甲子園球場=27日午前、兵庫県西宮市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース プロ野球 スポーツ 健康・医療 暮らし 社会 日本