東京封鎖「経済の影響甚大」=安倍首相、小池知事と危機感共有―新型コロナ

政治・外交 暮らし

安倍晋三首相は27日の参院予算委員会で、東京都内の新型コロナウイルス感染者急増を受け、「仮にロックダウン(都市封鎖)のような事態を招けば、わが国の経済にさらに甚大な影響を及ぼす」と強調した。その上で「小池百合子都知事と同じ危機感を持って対応していきたい」と語り、連携して抑制に当たる考えを示した。立憲民主党の石橋通宏氏への答弁。

緊急事態宣言に関し、首相は「現時点で宣言を行うような状況までには至っていない」と説明した。西村康稔経済再生担当相は発令の2要件の一つ「国民の生命・健康に著しく重大な被害を与える恐れ」について、「重篤な方が出るという意味では既に要件として当たってきている」と指摘した。日本維新の会の片山大介、石橋両氏への答弁。

もう一つの要件「全国的かつ急速なまん延により国民生活・経済に甚大な影響を及ぼす恐れ」については、西村氏は「まだその状況ではない」と明言。「オーバーシュート(爆発的感染増加)し、リンク(感染源)を追えないものが増加していったとき、適切に判断していく」と語った。

参院予算委員会で答弁する西村康稔経済再生担当相=27日午前、国会内参院予算委員会で答弁する西村康稔経済再生担当相=27日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 マクロ経済政策 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本 東京都