百貨店や遊園地、休業広がる=感染防止、外出自粛に対応―ディズニーは休園再延長

経済・ビジネス

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、首都圏の自治体が外出自粛を要請したことを受け、百貨店や遊園地などが27日、相次いで週末の休業や営業時間短縮を決めた。一方、生活必需品を扱うスーパーやコンビニエンスストアは原則として営業を継続。自粛要請は来週以降も続く見通しで、各社は難しい対応を迫られている。

オリエンタルランドは休園中の東京ディズニーランド、シーの両パーク(いずれも千葉県浦安市)について、4月上旬としていた再開時期を同20日以降まで再延期すると発表。営業を続けていたディズニーホテルも4月1日から休館する。再開時期は未定。営業を再開したばかりのよみうりランド(東京都稲城市)は3月28日から4月5日まで臨時休園する。

百貨店では、J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店が、都内2店舗で29日の臨時休業を決定。三越伊勢丹ホールディングスは、首都圏6店舗について、平日のみ実施していた営業時間短縮を、28、29日の土日も実施。閉店時間も1時間繰り上げる。

商業ビルのルミネ(東京)は、東京、神奈川、埼玉の1都2県にある14店舗のうち、7店舗をこの週末は全館休業とし、残る7店舗も食品フロアのみ営業する。ファーストリテイリングは、1都2県の「ユニクロ」のうち、39店舗について2日間臨時に休業。他の一部店舗でも午後6時で閉店する。

外食では、スターバックスコーヒージャパンが東京、神奈川、埼玉の全約550店の大半を28、29日に休業。30日以降は席を減らして客同士の間隔を空けて営業する。すかいらーくホールディングスは週末の2日間、深夜営業を取りやめる店舗を拡大し、「ガスト」など726店で実施する。

スーパーでは、イオンは総合スーパー、食品スーパーともに通常通り営業を続けるが、イオンモールの専門店部分については2日間の臨時休業。イトーヨーカ堂は一部店舗での時短営業を続ける。コンビニでは、セブン―イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートはともに一部を除き営業時間に変更はない。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休館を知らせる商業施設の案内=27日午後、東京都千代田区のルミネ有楽町店新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休館を知らせる商業施設の案内=27日午後、東京都千代田区のルミネ有楽町店

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 消費者対策 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本