感染者、初めて1日100人超=東京で40人、4都県で5人死亡―新型コロナ

社会 暮らし

東京都は27日、新型コロナウイルスの感染者が新たに40人確認されたと発表した。これまで最多だった26日の47人は下回ったものの、新規感染者数は3日連続で40人台の高水準が続いている。都を含め、国内では午後11時時点で122人の感染者が判明し、1日当たりの感染者数が初めて100人を超えた。

都内の感染者は累計299人に達し、24日以降、全国の都道府県で最多となっている。

小池百合子知事は27日午前開かれた対策本部の会合で、「感染爆発の重大な岐路だ」と強調。今週末に加え、来週以降も不要不急の外出を控えるよう都民に要請する方針を示した。

40人のうち、院内感染が疑われる永寿総合病院(台東区)の関係者は15人。感染者との濃厚接触者が7人。午後の会見では「全ての医療機関に感染防止や発生時の対策の徹底をお願いしている。(感染拡大を)しっかり抑えることが重要だ」と述べた。

国内では、横浜市の90代女性と、埼玉県川越市の60代女性の死亡が確認された。東京都で1人、兵庫県で2人の死亡が判明。国内での死者はクルーズ船を含め計62人となった。

兵庫県で死亡が確認された80代の男性2人は、複数の感染者が出ている同県宝塚市の病院に入院していた。発熱やせきなどの症状があり、ウイルス検査で感染が判明していた。県内の死亡者は計9人になった。

新型コロナウイルスの影響で花見が自粛となり、通行止めになった上野公園の桜が見られる園路=27日午後、東京都台東区新型コロナウイルスの影響で花見が自粛となり、通行止めになった上野公園の桜が見られる園路=27日午後、東京都台東区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本 東京都