3割「外出できず困る」=一斉休校、児童らストレス―NGO調査

社会 暮らし

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた全国一斉休校について、国際NGOの緊急調査に児童や生徒の約3割が「外出できず困っている」と回答していることが29日、分かった。担当者は「自宅待機で友達などに会えずストレスを感じている。周りの大人は、なぜ外に出られないかを分かりやすい言葉で説明し、不安を取り除いてほしい」と話している。

調査は、子どもの支援を専門とする「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」(東京都千代田区)が今月17~22日、インターネットなどを通じて実施。小中学生を中心に約960人から回答を得た。

休校で困ることについて自由記述で回答を求めた結果、「外出ができない」が最多の30.6%で、「外に出られずストレス。テレビ、ゲーム以外やることがない」「体力が落ちないか心配」などの声が寄せられた。

次いで「人に会えない」が20.6%で、「友達や先生と会えず寂しい」などの記述があった。ほかに、「体調や感染への心配」(18.1%)や「勉強ができない」(15.3%)といった不安の声もあった。

日中は一人で過ごすと答えた割合は13.9%だった。また、政府に求める対応については、マスク不足の解消や新型ウイルスの正しい情報を求める意見や、学校再開を求める訴えが目立った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 教育 暮らし 社会 日本 東京都