カラオケ、バーへの立ち入り自粛を=新型コロナ、拡大防止で呼び掛け―東京都

政治・外交 暮らし

東京都の小池百合子知事は30日夜、新型コロナウイルスの対策本部会議後に記者会見し、夜間営業のバーやキャバレーなどでの感染が疑われる事例が相次いでいるとして、「特に若者においてはカラオケやライブハウス、中高年にはバーやナイトクラブなど接待を伴う飲食店に行くことは当面は自粛してほしい」と都民に呼び掛けた。小池知事はまた、影響を受ける飲食店や中小企業、従業員への支援を国に要望するとともに、都独自の対策も検討する考えを示した。

会見に同席した厚生労働省対策本部クラスター対策班によると、感染経路が不明な事例のうち、キャバレーやバーなどの関連が疑われるケースが38例あった。最近2週間では、これらが感染経路不明の事例全体の約3割を占めるという。

記者会見する東京都の小池百合子知事=30日午後、都庁記者会見する東京都の小池百合子知事=30日午後、都庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本 東京都