海自護衛艦と中国漁船が衝突=目立ったけが人なし―東シナ海

社会

30日午後8時半ごろ、東シナ海の公海上で海上自衛隊の護衛艦と中国籍の漁船が衝突した。防衛省によると、死者や行方不明者はおらず、目立ったけが人も出ていない。同省は海上保安庁の捜査に協力するとともに、詳しい状況や原因を調べている。

衝突があったのは鹿児島県・屋久島の西約650キロの海上。護衛艦は佐世保基地所属の「しまかぜ」(定員約260人)で、中国漁船には13人が乗っていた。護衛艦は左舷側を損傷したが、自力航行が可能。漁船も救護要請はなく、転覆していないという。

護衛艦は29日午前に同基地を出港し、東シナ海で警戒監視の任務に当たっていた。

東シナ海で中国漁船と衝突した海上自衛隊の護衛艦「しまかぜ」(海自ホームページから)東シナ海で中国漁船と衝突した海上自衛隊の護衛艦「しまかぜ」(海自ホームページから)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 社会 軍・自衛隊(社会面) 中国 日本 九州 鹿児島県