元看護助手に再審無罪=患者死亡で懲役12年服役―「自白信用性に疑い」・大津地裁

社会

滋賀県東近江市(旧湖東町)の湖東記念病院で2003年に死亡した男性患者=当時(72)=に対する殺人罪で懲役12年が確定、服役した元看護助手西山美香さん(40)の再審判決が31日、大津地裁であり、大西直樹裁判長は「自白は信用性に重大な疑いがあり、誘導的な取り調べに誘発されたものだ」と述べ、無罪を言い渡した。

再審公判で検察側は有罪立証を見送っており、控訴せず無罪が確定するとみられる。

再審で西山さんは「男性を殺していない」と起訴内容を否認。検察側は「有罪である旨の新たな立証は行わず、裁判所に適切な判断を求める」と述べ、有罪立証や求刑を見送っていた。

判決で大西裁判長は「男性は致死性不整脈やたん詰まりなどで死亡した可能性がある」と指摘。「呼吸器を外した」と話した西山さんの捜査段階の自白は、変遷を繰り返し、客観証拠とも矛盾しており信用できないと判断した。

また、滋賀県警の警察官が、西山さんの迎合的な供述傾向や、自身への恋愛感情を利用して誘導的な取り調べをしたと認定し、自白の任意性も否定した。その上で男性の死亡について、「何者かによって殺害されたという事件性を認める証拠すらない」と結論付けた。

大西裁判長は判決後に説諭し、「裁判や捜査の在り方に大きな問題を提起している。関係者が自分のこととして受け止め、刑事司法の改善につなげる必要がある」と言及した。

西山さんは捜査段階で自白し、公判で否認に転じたが懲役12年が確定。最初の再審請求は退けられ、12年に再び請求していた。第2次再審請求審で大阪高裁は、弁護側が提出した医師の鑑定書を根拠に「男性は自然死した疑いがある」と指摘し、再審開始を決定。最高裁も支持し、確定した。

大津地裁への入廷を前に、心境を語る西山美香さん=31日午前、大津市大津地裁への入廷を前に、心境を語る西山美香さん=31日午前、大津市

再審判決のため、大津地裁に向かう西山美香さん(前列右)ら=31日午前、大津市再審判決のため、大津地裁に向かう西山美香さん(前列右)ら=31日午前、大津市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 滋賀県