新型コロナ感染防止へ閣僚チーム分け=間隔空け「3密」回避―政府対策本部

政治・外交

新型コロナウイルスの閣内感染を防ぐため、安倍内閣は31日、首相官邸で開かれる会議の感染対策強化に乗り出した。閣僚が2チームに分かれ、新型コロナ対策本部に交互に出席することを決定。これまで国民の不安をあおりかねないと控えてきた首相や閣僚のマスク着用も解禁した。

「感染拡大防止と危機管理の観点から、対策本部の出席者を二つのパターンに分ける」。安倍晋三首相は31日の閣僚懇談会でこう表明した。

2チームが交代で出席するのは、閣僚の感染時に内閣全体に感染が広がるのを避けるためだ。首相は例外的に毎回出席するため、首相臨時代理を務める麻生太郎副総理は今後は参加しない。集団感染の温床となる密閉、密集、密接の「三つの密」を避けるため、閣僚席の間隔も空ける。

マスクを着用して経済財政諮問会議で発言する安倍晋三首相(右端)。中央は西村康稔経済再生担当相=31日午後、首相官邸マスクを着用して経済財政諮問会議で発言する安倍晋三首相(右端)。中央は西村康稔経済再生担当相=31日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本