いすゞとユーグレナが次世代燃料=ミドリムシ原料、環境負荷小さく

経済・ビジネス 科学 技術

いすゞ自動車とバイオベンチャー企業のユーグレナは31日、ミドリムシを原料とする次世代ディーゼル燃料が完成したと発表した。従来の軽油と同等の性能を持つが、環境への負荷が小さい点が特徴。いすゞは新たな燃料の普及を通じ、地球温暖化対策を推進する考えだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 開発 科学 技術 環境・リサイクル 日本