大麻摘発、最多4321人=昨年、20代以下で増加―覚せい剤押収量も過去最高

社会

昨年1年間の大麻事件の摘発人数が前年比743人増の4321人となり、3年連続で過去最多を更新したことが2日、警察庁のまとめで分かった。主に20代以下で増加しており、同庁は大麻の危険性への認識不足が要因にあるとみて、広報啓発を強化する。

また、覚せい剤の押収量は約2293キロで過去最高を更新。1トンを超えるのは4年連続で、国内で一定の需要が続いているとみられる。

大麻事件での20~29歳の摘発は前年比429人増の1950人で、全体の約45%を占めた。20歳未満は同180人増の609人。このうち高校生は109人、中学生は6人いた。

大麻取締法違反で昨年摘発された人のうち、631人について警察庁が調査した結果、大麻の危険性は「ない」と回答した人が8割近くに上った。理由は「(カナダなど)大麻が合法な国がある」が最多で、「依存性はない・弱い」が続いた。

同庁の担当者は「大麻の危険性の認識が低下していることが分かった。大麻には依存性があり、脳に深刻な影響を与えることを正しく伝える必要がある」と話している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 警察・治安 社会 日本