4月24日開幕断念、当面延期=レギュラーシーズンの試合削減へ―プロ野球

スポーツ

プロ野球12球団は3日、東京都内で代表者会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、目標としていた4月24日の開幕を断念し、今後の感染状況を考慮しながら、新たな開幕日は4月下旬~5月上旬に決める方向で一致した。これにより、5月以降の開幕が決定的となった。

3日午前にJリーグと合同の「新型コロナウイルス対策連絡会議」で感染症専門家チームから「4月の開催は非常に難しい」との提言を受けて対応した。

会議後の会見で斉藤惇コミッショナーは、「(感染が)収まるどころか、ますます厳しくなっている。本日の時点で開幕日を設定するのは困難」と述べた。開幕した場合の日程は、既に11月21日スタートにずらしている日本シリーズはそのままとし、各チーム143試合のレギュラーシーズンの試合数を削減する見込み。

パ・リーグは4月10日、セ・リーグは同14日から再開予定だった練習試合も中止となり、選手らの活動は各球団の判断に任せられた。

プロ野球は当初3月20日開幕を4月10日以降に延期し、3月23日の代表者会議で4月24日開幕に目標を定めた。その後、藤浪晋太郎投手ら阪神3選手の新型コロナ感染が判明したことなどで、パ・リーグは再延期することで意見がまとまっていた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース プロ野球 スポーツ 日本